鎌倉駅

JR東日本各線及び江ノ島電鉄の合計3路線が乗り入れる接続駅であり、横須賀線の中央駅であり、江ノ島電鉄の終着駅。

1889(明治22)年に官設鉄道大船駅〜横須賀駅の開通時に開業した。
現在の東口駅舎は2017(平成29)年に改装されたもので、同時に駅ビルが「CIAL鎌倉」として新装オープンしている。

鎌倉住民は東口を「表口」、西口を「裏口」あるいは「裏駅」と呼んでいる。
なお、西口は大正期の二代目駅舎改築時に開設され、現代の西口駅舎はJR、江ノ島電鉄ともに二代目である。