江ノ電「のりおりくん」がデジタル版を期間限定で販売開始

 1 min read

湘南と鎌倉を結ぶ江ノ島電鉄株式会社にて新サービスが開始されました。
これまでも販売され、旅行客から人気の高かった1日乗車券「のりおりくん」がとうとうデジタル対応を果たしたのです。

これは江ノ電が湘南エリアでの暮らし・観光を活性化させるべく開始した「湘南MaaSプロジェクト」の一環で、その第一弾となったのが1日乗車券「のりおりくん」のデジタル対応というわけですね。

独自のアプリによる提供ではなく、小田急電鉄が提供しているおでかけに最適なルート検索とデジタルチケットを提供するアプリサービス「Emotえもっと」を通して提供するもの。
あくまでも実証実験ということで、販売は2021年3月31日から2021年9月30日までの約半年間限定の予定で実施されます。

また、小児用のチケットについては販売されず、あくまでも大人用チケットのみ購入が可能となっていますので、お子様も一緒にということであれば、これまで通りアナログなチケットを購入したほうがよいかもしれません。

とはいえ、デジタル版でもアナログチケット同様、40を超える施設・優待も利用することができますし、なによりスマートフォンの中にチケットがあることから、失くしてしまったりする心配がないというメリットもあるので、大人だけで江ノ電観光をするなら、ぜひデジタルでチケットを購入するのが良いと思います。

第2弾として江ノ電とOpenStreet株式会社の提携によるシェアサイクリングサービス「SHONAN PEDAL」も開始されるので、こちらも併せて利用すると、より江ノ電沿線と湘南・鎌倉の観光がはかどるのではないでしょうか。

PICKUP