「ENJOY! ATAMI 栗蒸し羊羹」は竹皮の香りで心落ち着く甘味土産

Cazuki Hoshina
2 min read

熱海駅

JR熱海駅の改札を出てすぐ目の前。2016年11月25日に新たにオープンしたラスカ熱海(湘南ステーションビル)。
そこでENJOY! ATAMIという変わった商品名の栗蒸し羊羹に出会い、和菓子食べたいという気分も相まって購入してみました。購入したのはラスカ熱海内にある伊豆・村の駅というお店です。

ENJOY! ATAMI

なかなかオシャレなパッケージ。どうやらラスカ熱海限定の商品とのこと。
価格は1本で1200円(税別)。

ENJOY! ATAMI

製造しているのは伊豆柏屋さん。伊東にてお店を構える1936年創業の老舗です。
こちらの看板商品に”いでゆむし羊羹“というのがあるんですが、それのラスカ熱海限定版といった感じなんですかね。

とりあえずサクッと開封してみました。パッケージの裏面には熱海駅周辺の地図が描かれていたり。なかなか味のある絵地図ですねえ。

羊羹は竹皮で包まれていて、食べるときは竹皮ごと切って食べることが推奨されています。

ENJOY! ATAMIは竹皮包ごと切るべし

ということで、推奨されているとおり、竹皮包の上からエイヤッと包丁を入れてみました。竹皮包の繊維質がちょっと硬めなので、切れ味の悪い包丁だとなかなか大変かもしれません。気合でお願いします。

切り分けたENJOY! ATAMI

切り分け完了。断面からもわかるとおり、こしあんベースの羊羹の中に、結構大きな栗がゴロッと入っています。

竹皮包を外してみると、天然竹皮の筋に沿った型が付いていて、竹皮で羊羹を包んだまま湯蒸ししたであろうことが窺えますね。
万遍なく栗が散りばめられているところも好印象。

そんなわけで、いざ実食! してみたところ、不思議なことに口の中に広がるのは、まるでチョコレートのような風味。「んんんん? これ羊羹だよね?」と思わず二度見してしまいました。

しかし食べ進めてみれば、きちんとあんこの味わいと甘露煮にされた栗の風味が舌の上に広がるわけです。いや、美味しいんだけど、なんだろこの不思議な感じは。
おそらく、竹皮の香りとかそういうのも相まった結果なのでしょうけど、なんとも和菓子のようでいて洋菓子のような印象も受ける羊羹となっていました。