STROLLからのお知らせ

オールドレンズっぽさが欲しいなら「7artisans 25mm f/1.8」がイイ感じ

 2 min read

オールドレンズ、ご存知でしょうか。カメラ好き、スチール撮影好き、という人なら間違いなく知っているであろうオールドレンズ。言葉の通り、フィルムカメラ時代に使われていた昔のレンズのことで、マニュアルフォーカスのものがほとんどです。

フィルム時代のレンズとなると、どうにもハードルが高そうな印象を覚えるかもしれません。まあ、マウントアダプターが必要だったりするので、そのへんのことがよくわからないという人の目にはハードルが高く映っても仕方がないのかなと思います。
また、オールドレンズはいわば中古も中古、状態の良し悪しもレンズ個体によって違うので、ある意味で手が出しにくいという側面もあります。

そこでオススメしたいのが、低価格で購入できる中華製レンズです。特にオールドレンズっぽさを求めるならば「7Artisans 25mm f/1.8」がいいのではないかなと思っています。

7artisans 25mm f/1.8の外箱

7artisansはカメラ愛好家たちのレンズ開発プロジェクトに端を発した、2015年に設立された深センのレンズブランド。ややクセが強いレンズが多いですが、そのクセの強さこそオールドレンズっぽさを感じさせる要因ではないかと思います。

7artisans 25mm f/1.8

サイズ感としてはかなり小さめです。重さは143g。アルミニウム合金製で価格帯からは考えられないほどにしっかりしているのは好印象。開放すればf/1.8、最小まで絞ればf/16。最小撮影距離は18cmと短く、だいぶ被写体に寄って撮影することもできます。

7artisans 25mm f/1.8

レンズ側がフォーカスリングでボディ側が絞りリング。絞りリングはクリック感のない無段階式。当たり前ですが電子接点はないのでマニュアルフォーカスにて撮影することになります。

X-E3に装着してみた外観

愛機であるFUJIFILM X-E3に装着してみると、なかなかにしっくり来る見た目になりますね。レンズのサイズ感もあって、持ち歩くのにもいい感じではないかと思います。

7artisans 25mm f/1.8による作例
7artisans 25mm f/1.8による作例
7artisans 25mm f/1.8による作例
7artisans 25mm f/1.8による作例

基本的にすべて開放で撮影。フィルムシミュレーションはVelviaを少しカスタムしたもので、JPEG撮って出しになります。価格帯から考えれば十分な写りだと思います。
樽型歪曲や周辺減光もありますし、開放で撮ったら中心の解像度に比べて周辺が流れやすいわけです。逆光耐性も弱めなのでフレアが出やすいです。

でも、これがオールドレンズっぽいんですよね。

FUJIFILMのカメラであれば、フィルムシミュレーションをクラシックネガにすると、よりオールドレンズっぽく、昭和感のある画になるのではないかと思います。焦点距離が35mm判換算で38mm相当なので、『写ルンです』の画角に近しいのもポイントかもしれません。

気になる価格ですが、だいたい1万円を切ります。これだけ撮れてアンダー1万円とかマジか・・・という感じですけどマジです。マウントはFUJIFILMだけじゃなく、EF-M、EF、M4/3にも対応したものがあるので、オールドレンズっぽいのが欲しい人だけでなく、マニュアル撮影にチャレンジしたい人にもいいと思います。

PICKUP