「中華旬菜料理 東方紅」がテラスモール湘南1Fの湘南マルシェにオープン

中華惣菜店のあとも中華惣菜店になります

 1 min read

JR東海道線「辻堂」駅から直結する商業施設「テラスモール湘南」に、新たな店舗が仲間入り。

テラスモール湘南の1F、惣菜やスイーツなどを取り扱う店舗が集まった『湘南マルシェ』。成城石井のレジ前に、以前は中華惣菜を取り扱う「桂林」が入っていたスペースに、2022年3月28日より「中華旬菜料理 東方紅」がオープンします。

中華旬菜料理 東方紅

東方紅は2008年から事業を開始した中華惣菜店、中華料理店などを展開する企業で、「中華旬菜料理 東方紅」はその1ブランドとして、惣菜店及びレストランを関東近郊に広げています。
辻堂に近いところだと、ラスカ平塚、ルミネウィング大船、小田原ラスカにも店舗があるほか、横須賀モアーズシティ、国分寺マルイ、それと都心だと恵比寿アトレ、玉川高島屋S・Cにも出店していますね。

提供する料理の特徴は、旬の食材を取り入れたヘルシー感覚中華。健康で美味しいを追求したメニューなのだそう。

もともと湘南マルシェには以前出店していた「桂林」しか中華惣菜の店がなかったので、閉店によっておうちで本格中華を味わえなくなった辻堂民からすると、今回の「東方紅」のオープンは喜ばしいことなのではないでしょうか。

PICKUP