楽天LIFULL STAY、「Rakuten STAY VILLA 箱根仙石原」北館をオープン

Rakuten STAY初の天然温泉付き宿泊施設

 2 min read

楽天グループの民泊事業会社「楽天LIFULL STAY」が展開している「Rakuten STAY」。現在全国30ヶ所以上で展開されていますが、このたび初となる全客室天然温泉の半露天風呂と足湯が付いた「Rakuten STAY VILLA 箱根仙石原」をオープンすると発表しました。

2021年7月12日から予約受付を開始、7月19日から宿泊受け入れを開始するとのこと。

Rakuten STAY VILLA 箱根仙石原 北館
Rakuten STAY VILLA 箱根仙石原の外観 (プレスリリース素材より)

同施設はコロナ禍である現在においても、人との接触を抑えることが可能な無人運営の宿泊施設なのだそうです。
各客室はウッドテラスを含めると約100平米あり、定員人数は最大10名で、友人同士や家族といったグループでの滞在に最適。キッチンや食器類、洗濯乾燥機も完備しているので、長期のワーケーションにも適しているとのこと。

オープンする北館では、楽天市場で人気の家電製品や雑貨を各客室に備え付け、家電ECサイトである楽天ビックで購入可能な一部家電製品を対象とした割引クーポンを宿泊者限定で配布。

また、宿泊者限定で配布されるクーポンコードを入力すると「Rakuten Music」を通常30日のところ90日無料で利用できるそうです。

Rakuten STAY VILLA 箱根仙石原北館の客室リビング

今回オープンする北館は2棟6部屋あり、内装はグレーやダークブラウンなどの落ち着いた配色で統一。ラグジュアリーな空間に仕上げているとのこと。

最新のマッサージチェアを完備する部屋も

また、大型犬と一緒に同じ部屋で泊まることのできるドッグラン付き客室や、マッサージチェア、窓型スマートディスプレイなどの最新家電が体験できる客室、BBQ用ホットプレートを使った調理が楽しめる客室など、様々な旅行スタイルに合わせた幅広いタイプの客室を設けているそう。

2021年9月には南館のオープンが予定されていて、北館とは違ってポップな色を取り入れて、ファミリーに特化したものになることが予定されています。

今回オープンする北館、9月にオープン予定の南館はともに楽天コミュニケーションズが提供している「あんしんステイIoT」とスマートロックを導入していて、客室に設置したタブレット端末による無人チェックイン・チェックアウト、電気錠システムの入退室に対応。
安全に過ごすためのサービスとして、24時間365日、タブレット端末経由でコールセンターに連絡できるようにするとともに、警備会社の緊急受付を受けられる防犯システムも導入するそうです。

PICKUP