三浦海岸河津桜並木

京急久里浜線「三浦海岸」駅から終点駅「三崎口」駅との線路沿いにあるのが「三浦海岸河津桜並木」である。毎年2月中頃から「三浦海岸桜まつり」が行われる場所としても知られている。

桜並木と菜の花の競演

三浦海岸の河津桜は、河津桜の根幹地である静岡県河津町から苗木を譲り受け、1999年から植栽を開始。およそ20年を経た2022年現在は約1000本ほどの河津桜が咲き誇り、首都圏でも有数の河津桜の名所である。

小松ヶ池公園

河津桜の下には菜の花が咲き乱れ、そのコントラストは非常に美しい。
また、線路沿いということもあり、京急久里浜線の赤い車両や青や黄の特別塗装列車などが走る姿とのコラボは定番の映えスポットとなっている。

京急久里浜線が桜並木の横を走る姿