藤沢市長久保公園緑化植物園

JR東海道本線「辻堂」駅と「藤沢」駅の中間、線路の南側にある藤沢市営の公園であり植物園。1989(平成元)年に都市化が進む藤沢市において、市民が自然と触れ合えるようにすることを目的に整備、開園した。みどりの普及啓発活動における拠点という意味合いも兼ねている。

芝生広場
池の向こうに見える芝生広場は、春になると満開の桜に囲まれる。

公園正門をくぐったところには「みどりの相談所」がある。名前の通り、みどりに関すること、普及などを目的とした相談ができる。
同施設内には展示温室や図書室、研修室、展示ホールなどがある。

メインストリートである「花のプロムナード」には、季節の花々が咲き誇るが、これは公園職員とボランティアによって管理されており、植え替えのタイミングで花の譲渡も行うなどしている。

また、来場者へのサービスとして園内散策用に車椅子、雨傘、日傘の無料貸出を行うほか、農薬の販売、農薬散布用噴霧器の無料貸出といったことも行っている。