1964年創業の鎌倉のお蕎麦屋さん「なかむら庵」

信州産そば粉を中心に打つ田舎そばは力強いコシと風味で美味い

 2 min read

JR横須賀線「鎌倉」駅を出て小町通りへ。小町通りから二の鳥居へ出る脇道を入ったところに、1964(昭和39)年に創業したお蕎麦屋さん「なかむら庵」はあります。

なかむら庵の外観

お昼時ともなると常に行列の絶えない店で、蕎麦通の間では有名な名店。
タイミングが合えば店頭で蕎麦を打つ姿を見ることができます。

なかむら庵の店内
なかむら庵公式Twitter(@:0467NakamuraAn)より引用

こじんまりとした店内には、歴史を感じさせるテーブルとカウンター。
なんとも懐かしいホッとするような雰囲気。もうこれだけで美味しい蕎麦が出てくるに違いないと思わせるものがありますよね。

なかむら庵のメニュー

メニューはこの通り。オーソドックスなメニューが並びます。
温冷ともにお値段もリーズナブル。

クルミだれそば(甘だれ)

注文したのは「クルミだれそば(甘だれ)」。
信州産のそば粉を使い、つなぎに小麦粉と鶏卵を使った田舎そばは、目の前に出てきただけでその香りが鼻をくすぐってくるほど。

口の中で噛みしめると強いコシがあり、同時に口中から風味が鼻に抜けていきます。
端的に言えばひたすらに美味しい蕎麦です。

また、クルミだれが幸せになる美味しさ。もともとクルミは好きなのですが、このクルミだれだけ買って帰りたいレベル。他のお料理に使っても美味しいこと間違いなしと思います。

クルミだれと通常の蕎麦つゆとを交互に食べれば完全に無限ループ化。あっという間に蕎麦がざるの上から消えてしまいました。正直大盛りにすれば良かったと後悔。
次回伺う際は必ず大盛りでいただきます。

同行した妻さまが注文したのは、なかむら庵で屈指の人気を誇るという「とろろそば」。
蕎麦つゆにとろろと薬味を混ぜていただきます。

少し分けてもらったのですが、こちらも大変美味しい一品。人気というのもよくわかります。手打ちされた蕎麦にとろろがよく絡むので、しっかりととろろの味と風味も味わえるんですよね。まさしく相性抜群の組み合わせ。

それと特筆すべきは蕎麦湯ですね。
蕎麦屋に行ったら必ず蕎麦湯も頂いてますが、こちらの蕎麦湯はとても濃厚。もしかしたら今までの蕎麦湯で一番美味しいかも。
足を運んだならぜひ蕎麦湯までしっかりと味わってほしいところです。

4.5

PICKUP