藤沢市長久保公園都市緑化植物園で草花掘り上げリサイクルが実施されます

 1 min read

東海道本線「藤沢」駅と「辻堂」駅の中間地点南側、辻堂太平台というエリアにある大きな公園「藤沢市長久保公園都市緑化植物園」。

1989年、都市化が進む藤沢市で市民が自然と触れ合えるよう整備され、緑の普及啓発活動の拠点ともなっている公園です。

藤沢市を流れる引地川沿いにあり、周辺住民の憩いの場所となっています。

名前の通りたくさんの草花樹木に溢れており、季節ごとに合わせて園内の草花を植え替えているのですが、その植え替えの一環として、「草花掘り上げリサイクル」が2021年3月26日、27日、28日、30日の4日間実施されます。

草花掘り下げリサイクルのお知らせ

現在、公園を入ってすぐのところに広がる大花壇。
今の季節はパンジーやストックといった花々が咲き誇っていますが、これらを引き取ってくれる人を募っていました。

希望する人は、持ち帰り用の袋やトレー、手袋などを持参し、自身で掘り上げ持ち帰ることができるとのこと。シャベルは貸し出しもあるようですが、できれば持参しておくのが望ましいようです。

PICKUP