エレコムがケーブル収納型モバイルUSBポート付タップを新発売

旅行バッグに忍ばせておくとすごく便利そう

 2 min read

旅先にガジェットの類を多く持ち運ぶ人には必見。
IT周辺関連製品の製造を行うエレコム株式会社が、2021年10月中旬にケーブル収納型モバイルUSBタップを2種類発売すると発表しました。

旅行の際、宿泊するホテルや宿にチェックインして最初に確かめる・・・というか確かめざるを得ないのが、部屋に備え付けられているコンセントの差込口。
最近は新型コロナウイルス感染症の影響でめっきりと減ってしまっていますが、プレスツアーなどでは確実にチェックする箇所です。

というのも、スマートフォンをはじめカメラやそのバッテリー、PCやタブレット、そのほか電子機器は取材時にどうしても必要なものとして持っていくわけです。
1日程度ならモバイルバッテリーなどを活用してどうにかこうにかできるわけですが、できればホテルや宿でしっかりと充電しておきたいのが本音。

しかし、場所によってはコンセントの差込口が足りないなんてこともしばしば。
そういうときに備えて自前で電源タップを持っていくのは当たり前のことなのです。ただ、これはこれでひとつ問題があって、差込口の多い電源タップともなればサイズも大きくなりやすいんですね。荷物がかさばる原因になります。

要は小さくコンパクト、それでいて必要十分な差込口のある電源タップがあれば最高なわけです。

今回エレコムが発売するケーブル収納型モバイルUSBタップは、その理想に限りなく近そうなアイテムなのですよね。

ケーブル収納型モバイルUSBタップ
プレスリリース素材より

ケーブルは25cmと少々短めですが、本体側面にぴったり収まるようになっているので、非常にコンパクト。それでいてUSBポートを2ポート、合計出力12Wまで対応。コンセント差込口のACは3ポートあり、手のひらサイズでありながらも合計5台のデバイスを同時に充電可能です。

また、USBポートの2ポートのうちひとつがUSB Type-Cに対応するタイプもあって、こちらは合計出力15Wまで対応しています。
なお、どちらのタイプも接続機器を自動検知して最適な電流で充電できる「おまかせ充電」機能が搭載されているとのこと。

ケーブル収納型モバイルUSBタップ

AC差込口への配慮もされていて、万一の発熱時にも融解しにくく、電気火災の防止に有効な耐熱性に優れたユリア樹脂を使用。さらに未使用時にホコリの侵入を防ぐ「ホコリ防止シャッター」を装備しているので、カバンの中に入れておいてもホコリのリスクを低減できるようになっています。

トラベルグッズとしてはもとより、コワーキングスペースなどで仕事をするときなどにも心強いアイテムになりそうですね。

USB Aポートを2ポート搭載するモデルが税込2280円、USB Type-C搭載モデルが税込2680円だそうです。

Amazonですでに販売されていますが、こちらの価格は少々お高めな感じですね。

PICKUP