高さ215mの日本一バンジージャンプを体験できる宿泊プランが登場

 1 min read

岐阜県岐阜市にある「都ホテル岐阜長良川」が、2021年10月8日から新たな宿泊プランとして、日本一高いブリッジバンジージャンプ「岐阜バンジー」の体験付き宿泊プランを販売すると発表しました。

岐阜バンジー
プレスリリース素材より

岐阜バンジーはホテルのある岐阜市内から車で70分ほど移動した、岐阜県加茂郡八百津町にある旅足川たびそこがわ渓谷の山と山にかかる全長462mの国内最大級の橋、新旅足橋しんたびそこばしで体験できるブリッジバンジー。
高低差は215mあり、こちらも国内最大級であることが知られています。

新旅足橋
新旅足橋

岐阜バンジーは通常であれば大人一人36000円するのですが、新たに販売される宿泊プランは宿泊料金に1名分のバンジー体験料金が含まれるというもの。
1泊朝食付きとなっており、シングルルームで1名1室33000円から、リバービューツインルームで2名1室40000円から、同じくリバービューツインルームで3名1室45000円からという価格設定となっており、場合によってはバンジー体験料金が実質無料のような状態で宿泊できます。

リバービューツインルーム
リバービューツインルーム

ただし、ホテルから会場までの送迎はないため、新旅足橋までの移動は自身で用意する必要があります。この場合レンタカーが最良でしょうか。本来であれば駐車場の料金がかかりますが、ホテル宿泊者特典として無料になるそうです。

岐阜バンジーを体験する際には、ウイングスーツとGoPro搭載のヘルメットを着用しなければならないとのこと。ヘルメットに搭載されているGoProでジャンプ体験の際の動画がバッチリ撮影でき、かつそのデータも提供してもらえるようです。

販売期間は2022年3月31日まで。
宿泊の予約は都ホテル岐阜長良川のサイトからどうぞ。

PICKUP