藤沢市制80周年記念のご当地コラボなランチパック食べてみた

 1 min read

神奈川県藤沢市は1940年10月1日に誕生し、2020年で市制が80周年を迎えました。それを記念して、山崎製パンとの共同企画で同社のロングセラー商品「ランチパック」のご当地バージョンを2020年10月1日に発売したんですよね。

ちょっと気になっていたので、お散歩ついでに探してみたものの、なかなか置いているところが少なく、先日やっと見つけることができました。

藤沢ご当地ランチパック

パッケージは藤沢市制80周年ロゴがあしらわれた特別バージョン。ふじキュン♡が可愛らしいです、はい。

藤沢ご当地ランチパック

フィリングは赤ワイン入りデミグラスソースハンバーグとなっているのですが、このソースに使われている赤ワインは国内最大手ワインメーカーのもの。

パッケージに明確には記載されていませんが、そのメーカーはキリンホールディングス傘下のメルシャン株式会社。

果実酒の生産量が日本一なのは神奈川県なのですが、実はそのうちの95%がメルシャン藤沢工場によるものだったりするのです。

メルシャン藤沢工場
散歩で通りかかるとワインっぽい香りが漂ってきて幸せな気分になれます

そんな藤沢工場で作られている赤ワインを使ったソース。楽しみじゃないですか。

藤沢ご当地ランチパック

早速味わってみましたが、なかなかに美味しいです。ソースは。

甘めのデミグラスソースですが、赤ワインの風味がしっかり感じられました。美味しかったですよ。ハンバーグは・・・お察しってことで。

PICKUP