ブルーボトルコーヒーが渋谷に世界初の公園内カフェをオープン

 2 min read

青いボトルのロゴでおなじみ「ブルーボトルコーヒー」が、2021年4月28日に新店舗「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」をオープンさせると発表しました。

オープンするのは2021年4月1日に開園する「渋谷区立北谷公園」の中。
ブルーボトルコーヒーとしても世界で初めての公園内カフェになるそうです。

ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ 外観イメージ
プレスリリース素材より

北谷公園の賑わいの中心となるよう計画された大きなコーヒーカウンター、公園の緑溢れる自然や開催される催しを満喫できるように、公園を見渡せるよう設えた2Fのラウンジによって構成される建物となるそうです。

ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェの店内イメージ
プレスリリース素材より

1日を通して、さまざまなシーンで楽しめるという渋谷カフェ。
その空間デザインは「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」をデザインした芦沢啓治建築設計事務所が担当。

利用シーンに合わせ、1日を通して楽しめるというのは、空間だけでなくメニューにも反映されています。

ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェのメニュー例

ブランチプレート

ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェのブランチプレート (850円)
プレスリリース素材より

10:00〜22:00まで提供されるメニューのひとつが「ブランチプレート」。
スペルト小麦が使われたワッフルは、香ばしさがありつつもっちりした食感。旬の葉物野菜とプロシュート(生ハム)のサラダに、平飼い卵の半熟ゆで卵を添えたメニュー。

デザートメニュー

ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェのデザートメニュー
プレスリリース素材より

デザートメニューは13:00〜22:00までの提供。
左はパブロヴァ。低温で焼成したサクサクのメレンゲをクリームに乗せて、HiOアイスクリームのさっぱりしたミルクアイスと、フルーツのコンポートを合わせています。

右はブリックチーズケーキ。渋谷カフェのタイルをイメージしたという色合い・サイズが特徴のオリジナルチーズケーキだそう。

ナチュラルワイン

ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェのナチュラルワイン
プレスリリース素材より

アペタイザーの提供時間である17:00〜22:00になると、カジュアルに楽しめるナチュラルワインが注文可能に。
ワイン提供は日本国内のブルーボトルコーヒーでは初の試みとなるそうです。

もちろんワインのみならず、「ブルーボトルコーヒー ペールエール」と各種アペタイザーが提供されるとのことなので、ちょっとおしゃれに一杯なんてときに立ち寄りたいですね。

オープンまでは国内初の「ブルーボトルコーヒートラック」が登場

国内初となるブルーボトルコーヒートラック

「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」は最初にも書いたように、2021年4月28日にオープンする予定となっていますが、北谷公園は2021年4月1日からの開園となっています。

そこで、ブルーボトルコーヒーは国内初となる「ブルーボトルコーヒートラック」を、開園日から2021年4月20日までの期間限定で公園内に設置。ドリンク及びフードを提供していくとのこと。

ただし、提供されるフード類は渋谷カフェのメニューとは異なる、テイクアウト用のものになります。

PICKUP

赤ちゃんを連れての旅行ならスパリゾートハワイアンズのウイルポートへ! プールデビューも手ぶらでOK

赤ちゃんを連れての旅行ならスパリゾートハワイアンズのウイルポートへ! プールデビューも手ぶらでOK

赤ちゃんを連れての旅となると、なかなかハードルが高いですよね。しかし、赤ちゃん連れでも快適に過ごせるホテルや宿は年々増えています。そう、赤ちゃんがいるからといって、旅行してはいけないなんてルールはないんです。今回は赤ちゃん連れでも安心して遊べて泊まれるレジ・・・

MORE