チームラボ、「Teamlab: Tea Time in the Soy Souce Storehouse」を発表

明治時代の旧醤油蔵地下空間に広がるチームラボの新作

 2 min read

teamLabチームラボが新作を発表しました。
明治時代に建てられた岡山県岡山市の旧醤油蔵「福岡醤油ギャラリー」で、「Teamlab: Tea Time in the Soy Souce Storehouse」を、2021年4月15日にオープンしたとのこと。

Teamlab: Tea Time in the Soy Souce Storehouse
プレスリリース素材より

旧福岡醤油建物は、明治時代(1868 – 1912)に建てられ、かつては醤油製造に使われていた。当時は漆黒の液体が貯蔵されていたであろう地下は、同じように黒い液体に満たされ、四方に無限に広がる茶室となり、茶の時間が続いていく。
一服の茶を点てると、茶は光を灯し、近くの光のリズムと引き込み現象を起こしていく。

引き込み現象とは、異なるリズムが互いに影響を受けてそろっていくこと。壁に掛かった二つの振り子時計の振り子、ホタルの集団発光、心臓細胞の律動など、物理現象、神経生理、生命系や生態系など多様な系で見られる。個々が全体を俯瞰する能力を持たないにも関わらず、個々の自律的な振る舞いの結果として、秩序を持つ大きな構造を作り出す現象である自己組織化であり、自発的秩序形成とも言える。

一方、本来宇宙では、エントロピー(無秩序の度合いを表す物理量)が極大化に向かうとされ(エントロピー増大の法則)、形あるものは崩れていくのが摂理だ。しかし、それでもこの宇宙や生命、自然や社会が成り立っているのは、無秩序に向かう中で、自己組織化という共通の現象によって、ひとりでに秩序が生まれているからかもしれないのだ。つまり、この宇宙も、自分の存在も、同じ現象によって連続的に生まれた秩序なのだ。

「茶の本」(1906)の著者である岡倉天心(1863 – 1913)は最期の手紙の中で、「私は宇宙と全くうまくやっており、宇宙からこの頃与えられるものに対して感謝、そう大変感謝しております。」と語っている。茶とは、「人間と宇宙とが究極的に一体となること」を目指した時間だったのかもしれない。

Teamlab: Tea Time

というコンセプトのもと、以下の作品を公開するそうです。

旧醤油蔵の共鳴する浮遊ランプ
旧醤油蔵の共鳴する浮遊ランプ (プレスリリース素材より)

異なるリズムがお互いに影響を受けて揃っていく現象を、引き込み現象といいますが、この現象をテーマとした作品群となっているようです。

プロモーション動画も公開されています。

開催期間は2022年3月31日までを予定しているとのことです。

PICKUP

赤ちゃんを連れての旅行ならスパリゾートハワイアンズのウイルポートへ! プールデビューも手ぶらでOK

赤ちゃんを連れての旅行ならスパリゾートハワイアンズのウイルポートへ! プールデビューも手ぶらでOK

赤ちゃんを連れての旅となると、なかなかハードルが高いですよね。しかし、赤ちゃん連れでも快適に過ごせるホテルや宿は年々増えています。そう、赤ちゃんがいるからといって、旅行してはいけないなんてルールはないんです。今回は赤ちゃん連れでも安心して遊べて泊まれるレジ・・・

MORE