千倉館

千葉・南房総、川尻川沿いにある太平洋を一望できる温泉宿。文豪・松本清張氏が訪れ、執筆で利用した離れ客室を有する。
もともとは川尻館という地元漁師や旅の行商人で賑わう旅館で、歴史も古い。
現在の本館は伝統的に本旅館の風情を活かしつつ、モダンな空間となっており、エントランス、ロビーラウンジ、レストラン、露天風呂などは日本を代表するインテリアデザイナー、故・内田繁氏によるもの。