「休暇村南紀勝浦」、春休みやGWにおすすめのシーカヤック体験付き宿泊プランを春季より提供

 1 min read

和歌山県の南東、熊野灘を一望できる「休暇村南紀勝浦」が、春休みや春の大型連休におすすめのシーカヤック体験が付帯する宿泊プランを、2022年4月1日より提供を開始することを発表しました。

太地町フィールドカヤック
太地町フィールドカヤック (プレスリリース素材より)

シーカヤックを体験するのは太地町の穏やかな湾内。しっかりとインストラクターによるレクチャーもあるので、「シーカヤックはやったことがない」という人でも安心して遊ぶことができます。

シーカヤック体験
シーカヤック体験 (プレスリリース素材より)

紀伊半島でも指折りの海岸美に壮大なスケールの山並みをシーカヤックから眺められ、さらにシーカヤックで進むコースにはイルカとクジラのいけす付近が含まれているので、運が良ければ目の前でジャンプを見られることもあるんだそう。

シーカヤック体験付きファミリープラン」は、2022年4月1日から6月30日までの期間限定での提供となっており、価格は15900円(税込・入湯税別、平日2名1室利用時の1名分)となっています。

また、別プランとして、同一期間にて「くじらの博物館入場券&餌あげ体験付きファミリープラン」も提供されます。

くじらの博物館
くじらの博物館 (プレスリリース素材より)

太地町にある「太地町立くじらの博物館」は世界有数のスケールを誇るクジラの専門博物館で、クジラに関する展示やふれあい体験、イルカ・クジラのショーが間近で見られるエリアなどを備えています。そんな博物館の入場券と餌あげ体験がセットで提供されます。価格は13000円(税込・入湯税別、平日和室2名1室利用時1名分)になります。

PICKUP