館山駅

千葉県館山市北条にあるJR内房線の駅のひとつ。関東の駅百選に選定されている駅でもある。

1919(大正8)年に開業した当時は「安房北条駅」という名称だったが、1933(昭和8)年に北条町と館山町が合併し館山北条町となり、さらに1939(昭和13)年には館山北条町と那古町、及び船形町が合併して館山市となったあとの1946(昭和21)年3月、現在の館山駅に改称となった。

1999(平成11)年に完成したスペイン風の駅舎は、南欧情緒あふれる南房総にふさわしい駅という理由から関東の駅百選に選定された。

発車メロディは2019年11月9日から、X JAPANの「Forever Love」が使用されている。これは館山駅開業から100周年を迎えたことをきっかけに、館山市出身のYOSHIKIサイドの快諾もあって実現した。

館山駅東口の出入り口前にある食堂兼売店「マリン」では、事実上の駅弁を調製。「房州名物くじら弁当」は貴重なクジラ肉を使用し、館山駅のご当地駅弁としてメディアでも多数取り上げられている。