八王子神社 (茅ヶ崎・本村)

古くは八王子権現と称され、かつて同じ茅ヶ崎・本村に本堂のあった円蔵寺(現在は茅ヶ崎・十間坂)の守護神として祀られていた。
明治5年の神仏分離令によって、円蔵寺の別当を停め八王子神社と改称。茅ヶ崎・本村の鎮守となり現在に至る。
御由緒、創立年代、創立者などについては不詳。関東大震災にて社殿が崩壊したが、昭和2年に氏子の浄財と境内の松を伐採多用して再建された。

境内には八坂神社、護国社、正一位稲荷大明神、天満宮もある。