STROLLからのお知らせ

惜しまれつつ閉店した「民宿まるみ食堂」が大復活!

 2 min read

長きに渡って北海道・羅臼の食堂として、旅行者から、また地元の人々からも愛されてきた「民宿まるみ食堂」。2021年に惜しまれつつも閉店してしまったのですが、2022年10月になって内装・外装が大規模リニューアルされて、なんと大復活を遂げていました。

民宿まるみ食堂
知床アルラン公式サイトより

復活の立役者は、同地にて観光船アルランIII世でホエールウォッチングなどを展開する株式会社知床アルランの取締役である湊謙一氏。実は以前、民宿まるみ食堂を経営していたのは湊氏のお姉さんだったのですね。そのこともあって、閉業後の諸々を解消して建物を購入。内装も外装も大幅なリニューアルを行って、10月から営業を再開させることになったとのこと。

羅臼市街からは車で約15分とやや離れているのですが、目の前が海であり、根室海峡側に面する窓からは国後島を眺めることができるという好立地。

1Fは宿泊客以外でも利用可能な食堂スペース。カウンター、テーブル、小上がりを含めると全83名が収容できるという広さで、羅臼産の海産物、採りたての山菜など羅臼産、あるいは北海道産の食材にこだわったメニューが提供されます。

2Fは民宿となっていて、宿泊が可能。6帖の和室が9部屋あります。

民宿の部屋
知床アルラン公式サイトより

風呂やトイレは部屋付きではありませんが、男女別に共用の広々としたシャワールームとトイレが用意されているので、快適に利用できるそうです。

宿泊料金は、1泊2食付きで8800円、1泊夕食付きが7600円、1泊朝食付きが6200円、素泊まりだと5000円となっていて、非常にリーズナブル。冬季の場合はこれにプラス暖房代として500円が必要とのことですが、2名で2泊以上の利用だと2食付きが7700円に割り引かれるとのことなので、グループで行けばさらにお得になってしまいます。

また、夏のホエールウォッチング、冬の流氷バードウォッチングで人気の観光船アルランIII世号の乗船料が10%OFFになるという宿泊特典もついてくるので、アクティビティも満喫しやすくなりますね。

PICKUP