「湘南台アートスクエア」が着工 湘南台駅地下広場を芸術の発信拠点に

 1 min read

小田急江ノ島線、横浜市営地下鉄線、相鉄線と3路線が乗り入れる「湘南台」駅は藤沢市北部の玄関口であり、慶応大学湘南藤沢キャンパスSFCに通う学生たちのメイン利用駅でもあります。

そんな湘南台駅の改札を出たところは、とても広い空間になっており、時折イベントなどが行われるなどしていますが、普段はやや薄暗く、ただ広いだけという状態。
その空間がとてももったいないということで立ち上がったのが、「湘南台アートスクエアプロジェクト」です。

現在の湘南台駅地下広場
現在の湘南台駅地下広場 (湘南台アートスクエアプロジェクトより引用)

このもったいない広大な空間を「ピアノとアートで魅力あふれる芸術広場」にするというコンセプトのもと、2019年6月から活動を開始し、藤沢市、藤沢商工会議所、公益財団法人藤沢市みらい創造財団、藤沢市観光協会、一般社団法人藤沢市商店会連合会の後援を得て、2020年夏以降からはクラウドファンディングを立ち上げて資金を得て、2021年10月11日から、横浜市営地下鉄側の広場になっている30m×24m(720㎡)の範囲において開設工事が始まりました。

湘南台アートスクエア完成予想図
湘南台アートスクエアが完成した地下広場の予想図 (湘南台アートスクエアプロジェクトより引用)

床面は木目に、柱は白くなり、新たに90㎡の倉庫を設置する予定となっており、その倉庫の壁面18mあまりをキャンバスに、地元在住の画家・廣田雷風氏による壁画が描かれるとのこと。

既存のストリートピアノに関しては、工事期間中は小田急江ノ島線側に場所を移し、アートスクエア完成後にそちらへ再び移動させるとのこと。

年内中に床と柱の模様替え、及び倉庫の設置を行い、明けて2022年初めから壁画制作がスタートする予定になっています。

完成及び供用開始は2022年3月中旬に見据えられています。

PICKUP

赤ちゃんを連れての旅行ならスパリゾートハワイアンズのウイルポートへ! プールデビューも手ぶらでOK

赤ちゃんを連れての旅行ならスパリゾートハワイアンズのウイルポートへ! プールデビューも手ぶらでOK

赤ちゃんを連れての旅となると、なかなかハードルが高いですよね。しかし、赤ちゃん連れでも快適に過ごせるホテルや宿は年々増えています。そう、赤ちゃんがいるからといって、旅行してはいけないなんてルールはないんです。今回は赤ちゃん連れでも安心して遊べて泊まれるレジ・・・

MORE